勝馬DX





スポンサーサイト 

NEW 勝馬DX  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーメール登録OK!!

勝馬DX




今週のメイン ↓ トラコミュ ↓
第36回 エリザベス女王杯(GI)
第16回 武蔵野ステークス(GIII)
第47回 京王杯2歳ステークス(GII)
エリザベス女王杯 データ分析
武蔵野S データ分析
攻略!WIN5


★☆ 今週メインレースの無料情報 が届きます★☆
勝馬DX


競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ 

人気ブログランキング 

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エプソムカップは各馬とも余力十分だった 

NEW 勝馬DX  
フレンチデピュティ(FD)産駒が1-2-3フィニッシュを決めたエプソムカップ(芝1800m)の勝ちタイムは1.48.3で時速59.8km。6月2日の3歳未勝利が1.47.2(時速60.4km)、前日6月9日の3歳未勝利が1.48.3で同タイムですからやはり時計が掛かりましたね。ただ各馬とも状態の悪いインを避けて終始大外をまわっていたので、あくまで参考値にしかならないですね。

このレースのLAPは、

通過 1H 2H 3H 4H 5H 6H 7H 8H 9H
各H LAP 12.7 11.1 11.7 12.8 12.4 11.8 11.4 11.3 13.1
各H 時速 56.7 64.9 61.5 56.3 58.1 61.0 63.2 63.7 55.0
通過タイム 12.7 23.8 35.5 48.3 60.7 72.5 83.9 95.2 13.1
  テン3H 上り3H 全9H 1H平均  
LAP 35.5 35.8 108.3 12.03  
時速 60.8 60.3 59.8  
です。 4~5Hで一息入れているようにみえます。1000m通過は60.7。また、最後の1ハロンが極端に遅くなっています。

次は、このLAPの中で各馬の位置取りと速度です。

馬名 前半6ハロン 後半3ハロン 時速差
(km)
全体9ハロン
LAP 時速 通過 LAP 時速 タイム 時速 着順
ファイングレイン 72.5 59.6 1 35.9 60.2 0.6 1.48.4 59.8 4
タイガーカフェ 72.5 59.6 1 36.9 58.5 -1.1 1.49.4 59.2 11
デアリングハート 72.8 59.3 3 36.4 59.3 0.0 1.49.2 59.3 9
エイシンデピュティ 73.0 59.2 4 35.3 61.2 2.0 1.48.3 59.8 1
サイレントプライド 73.0 59.2 4 35.3 61.2 2.0 1.48.3 59.8 3
トウショウカレッジ 73.1 59.1 6 35.3 61.2 2.1 1.48.4 59.8 5
マイネルレコルト 73.1 59.1 6 36.8 58.7 -0.4 1.49.9 59.0 13
ブライトトゥモロー 73.2 59.0 8 35.1 61.5 2.5 1.48.3 59.8 2
インマイアイズ 73.2 59.0 8 36.8 58.7 -0.3 1.50.0 58.9 14
ダンスインザモア 73.4 58.9 10 35.0 61.7 2.8 1.48.4 59.8 6
ローマンエンパイア 73.4 58.9 10 37.5 57.6 -1.3 1.50.9 58.4 15
フジサイレンス 73.4 58.9 10 37.7 57.3 -1.6 1.51.1 58.3 16
スズノマーチ 73.4 58.9 10 38.2 56.5 -2.4 1.51.6 58.1 18
ピサノパテック 73.5 58.8 14 35.9 60.2 1.4 1.49.4 59.2 10
ホッコーソレソレー 73.7 58.6 15 35.0 61.7 3.1 1.48.7 59.6 7
サンバレンティン 73.9 58.5 16 35.0 61.7 3.2 1.48.9 59.5 8
ソーユアフロスト 73.9 58.5 16 35.9 60.2 1.7 1.49.8 59.0 12
グラスポジション 74.5 58.0 18 36.6 59.0 1.0 1.51.1 58.3 17
多くの馬が後半で速度を上げています、もしかして直線で余力十分だったのでしょうか?レース映像では各馬が最後の力を振り絞ってバタバタになっていたようにみえたのですが・・、4~5Hでペースが一旦落ち着いたのが一因かもしれません。
ファイングレインにいたっては、上り3Hで自らも速度を上げているのにわずかに差し切られてしまいました。「脚を余しての逃げ」ですね。もう少しペースを上げていたらまた結果が違っていたのかもしれません。
FD軍団は後半にグンと速度を上げて1-2-3フィニッシュしています。「重馬場でも最後まで走りるスタミナがある」とうイメージだったのですが。「重馬場に脚をとられずにロスなく走れる」なのかもしれません。

このフレンチデピュティ産駒、芝だけでなくダートも走るので、時間をかけて分析していきたいと思います。
そして代表産駒といえば忘れもしないクロフネ。今週は川崎競馬場で関東オークスが開催されますが、クロフネ産駒も2頭出走。しかもその2頭に武豊(アゲヒバリ)と安勝(ホワイトメロディー)が騎乗します。
【地方競馬全場の出馬表はこちらで!楽天競馬】
【川崎競馬場の出走表】

それにしてもトウショウカレッジの内ラチぎりぎり作戦は惜しかったですね。

関連記事

フリーメール登録OK!!

勝馬DX




今週のメイン ↓ トラコミュ ↓
第36回 エリザベス女王杯(GI)
第16回 武蔵野ステークス(GIII)
第47回 京王杯2歳ステークス(GII)
エリザベス女王杯 データ分析
武蔵野S データ分析
攻略!WIN5


★☆ 今週メインレースの無料情報 が届きます★☆
勝馬DX


競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ 

人気ブログランキング 

[ 2007/06/12 00:09 ] 傾向と分析 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keibadeout.blog101.fc2.com/tb.php/66-b7cb7a46










Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。